MENU

自己破産をする場合は弁護士に相談するのが適切

自己破産という手続きは、借りているお金を返済することが不可能になってしまった場合に取る最後の手段です。自己破産の手続きをする場合、裁判所に破産申立書を提出するなど、さまざまなことを行う必要があります。一般の人が簡単にできるものではないのです。横浜市にもある法律事務所に相談して、弁護士のサポートを受けることが大切なのです。また、返済することが難しくなってきたからといって、安易に自己破産の手続きを取ることは避ける必要があります。多くの人は自己破産のメリットについては分かっていても、デメリットについてはあまり理解できていないものです。
自己破産をすると、債務を支払う義務が免除されるというメリットがあります。また、自己破産の手続きが始まれば、債権者による強制執行を受けることもなくなります。日常生活を営む上で、安心感を得ることができます。自己破産をすると全ての財産を失ってしまうイメージがあるのですが、実際には異なっています。ある程度までは財産を残すこともできるのです。
このようなメリットを享受することができる自己破産ですが、デメリットもあることに注意が必要です。具体的には、一定期間は新たに借り入れることが制限されることになります。安易に自己破産をしてしまうと、思わぬデメリットで戸惑ってしまいます。どのような点に気をつける必要があるのかを確認しておくことが大切です。横浜市にもある弁護士事務所の無料相談を利用して、詳細な説明を受けるようにすると、スムーズな手続きを取ることができます。